福岡 前立腺医療センター西南泌尿器科クリニック。尿に関する悩み

おしっこが出過ぎる(頻尿)


一日のおしっこに行く回数が多くて困っている方は以下の疾病の可能性があります。
早めに受診し、治療することをお勧めします。

前立腺肥大症

前立腺肥大症

前立腺は男性だけにある膀胱に接した生殖器官です。
この前立腺が加齢とともに大きく肥大して、尿道や膀胱を圧迫する病気が前立腺肥大症です。

前立腺肥大症の詳細・治療法はこちら

切迫性尿失禁(過活動性膀胱)

切迫性尿失禁(過活動性膀胱)

急に強い尿意を催し尿をがまんできなくなる、漏らしてしまうことがある。こういった症状がある場合は、「切迫性尿失禁(過活動性膀胱)」の可能性があります。

切迫性尿失禁(過活動性膀胱)の詳細・治療法はこちら

神経因性膀胱

排尿に関する神経の障害によって膀胱の機能に異常が生じた状態を指します。
脳疾患や糖尿病などが原因となり、尿が出にくくなったり、残尿が増えることにより尿が近くなったり漏れたりします。放置しておくと腎臓に障害をきたします。

膀胱炎

女性がかかりやすい病気です。細菌が尿道から膀胱に入り細菌感染を起こすことが原因で、
尿が近く痛みや残尿感を伴います。

尿道炎

男性がかかる病気で、細菌が尿道に入り尿道内で炎症を起こします。
「淋菌」でその場合「淋菌性尿道炎」といいます。
クラミジアという微生物が原因の場合は「非淋菌性尿道炎」といいます。

性交渉を通じて感染することがほとんどで男性は症状を自覚できますが、女性は症状を自覚していない為感染していることに気付かない場合がありますので、パートナーが尿道炎と診断された場合は検査を受けることが重要です。

前立腺炎

尿道から侵入した細菌が前立腺に感染して起こる病気です。
大腸菌などの細菌感染が原因の場合は「急性前立腺炎」、クラミジアや弱毒性細菌が原因の場合は「慢性前立腺炎」と言います。

尿道狭窄

尿道が狭くなり、排尿に障害が出る状態を言います。
生まれつきの原因で尿道が狭くなることを「先天性尿道狭窄」、外傷と感染が原因で尿道が狭くなることを「後天性尿道狭窄」、尿道炎に罹った後に尿道が収縮を起こすことが原因の場合を「炎症性尿道狭窄」といいます。

夜間多尿

夜間多尿

夜、就寝中の尿量が多いことを指します。
1日24時間の尿量のうち、就寝中の尿量が高齢者で33%、若者で20%以上の時「夜間多尿」と言います。

「夜間頻尿」の詳細・治療法はこちら

尿に関するその他のよくあるお悩みと症状 次によく見られているページ

福岡 前立腺医療センター西南泌尿器科クリニック。お電話でのお問い合わせ・ご予約

福岡 前立腺医療センター西南泌尿器科クリニック。資料請求フォームへ

ページの先頭へ戻る

  • お電話でのお問い合わせ・ご予約092-852-2131
  • 5分でわかる前立腺肥大症
  • 患者様のお声
  • 前立腺肥大症編|気になるオシッコの話|小冊子プレゼント
  • 資料請求はこちら
  • メディア掲載
  • ドクターズガイドに掲載されています
  • 前立腺医療センターについて
  • 男性の悩み|勃起障害・男性更年期・パイプカット
  • 尿に関するよくあるお悩みと症状
  • よくあるご質問