目  次

西南泌尿器科クリニックは、前立腺肥大症手術(HoLEP)のみならず、尿路結石を中心に尿に関する全般的なお悩みと男性のお悩みである、勃起障害(ED:インポテンツ)、男性型脱毛症(AGA)、男性更年期障害の患者様も多くご来院します。

夜 何度もおしっこに行く

女性のお悩み

5分でわかるシリーズ

西南泌尿器科クリニックで特にご相談の多い3つの病気をわかりやすくご紹介しています。

前立腺肥大症

前立腺は男性だけにある膀胱に接した生殖器官です。 この前立腺が加齢とともに大きく肥大して、尿道や膀胱を圧迫する病気が前立腺肥大症です。

詳しく見る

前立腺肥大症

切迫性尿失禁(過活動性膀胱)

急に強い尿意を催し尿をがまんできなくなる、漏らしてしまうことがある。こういった症状がある場合は、「切迫性尿失禁(過活動性膀胱)」の可能性があります。
切迫性尿失禁(過活動性膀胱)

神経因性膀胱

排尿に関する神経の障害によって膀胱の機能に異常が生じた状態を指します。
脳疾患や糖尿病などが原因となり、尿が出にくくなったり、残尿が増えることにより尿が近くなったり漏れたりします。放置しておくと腎臓に障害をきたします。

膀胱炎

女性がかかりやすい病気です。細菌が尿道から膀胱に入り細菌感染を起こすことが原因で、尿が近く痛みや残尿感を伴います。

尿道炎

男性がかかる病気で、細菌が尿道に入り尿道内で炎症を起こします。「淋菌」でその場合「淋菌性尿道炎」といいます。クラミジアという微生物が原因の場合は「非淋菌性尿道炎」といいます。

性交渉を通じて感染することがほとんどで男性は症状を自覚できますが、女性は症状を自覚していない為感染していることに気付かない場合がありますので、パートナーが尿道炎と診断された場合は検査を受けることが重要です。

前立腺炎

尿道から侵入した細菌が前立腺に感染して起こる病気です。大腸菌などの細菌感染が原因の場合は「急性前立腺炎」、クラミジアや弱毒性細菌が原因の場合は「慢性前立腺炎」と言います。

尿道狭窄

尿道が狭くなり、排尿に障害が出る状態を言います。
生まれつきの原因で尿道が狭くなることを「先天性尿道狭窄」、外傷と感染が原因で尿道が狭くなることを「後天性尿道狭窄」、尿道炎に罹った後に尿道が収縮を起こすことが原因の場合を「炎症性尿道狭窄」といいます。

尿路結石

3大激痛といわれる尿路結石、尿の通り道である腎臓、膀胱、尿道を尿路といい、尿に含まれているカルシウムやシュウ酸などが結晶化し、石のようになることを尿路結石と言います。
症状は背中から腰に掛けての激痛、血尿があります。

詳しく見る

尿路結石

膀胱癌

膀胱内にできるがんのことを指します。症状はなく突発的におこる血尿で発見されることが多くあります。
原因ははっきりしていませんが、喫煙者は非喫煙者の4倍も癌になるリスクがあると言われています。 治療法は内視鏡手術のほか放射線療法、抗がん剤による化学療法などがあります。

前立腺癌

前立腺にできる癌のことを指します。日本では癌死亡者の約3.5%を占めると言われています。
排尿時の痛みや尿漏れ、肉眼で確認できる血尿などの症状があります。癌が進行するとリンパ節(脊椎)や骨(骨盤骨)に転移し下肢のむくみ、骨の痛みや下半身麻痺を起すことがあります。

前立腺癌は早期に症状が現れないので早めに受診し、検査を受けることが重要です。

尿管癌

尿管にできるがんのことを指します。初期症状としては痛みを伴わない血尿、検査で初めて確認できる潜血の場合もあります。腫瘍が大きくなると尿の流れが悪くなり腎臓が腫れ、腰や背中の痛みを伴うことがあります。早めの受診、検査が重要です。

慢性前立腺炎

尿道から侵入した細菌が前立腺に感染して起こる病気です。大腸菌などの細菌感染が原因の場合は「急性前立腺炎」、クラミジアや弱毒性細菌が原因の場合は「慢性前立腺炎」と言います。

勃起障害(ED:インポテンツ)

日本国内でのEDの患者数は1,200万人と推定され、40歳以上では2人に1人がEDという結果が出ています。「勃起をしない」ということだけではなく、SEXの時に勃起を維持できないことや、時々勃起しないこともふくまれます。

  • EDの治療は厚生労働省による保険適応外のため自費診療(自由診療)となります。
  • お薬を内服中の方は「お薬手帳」もしくは内服しているお薬がわかるものを持参ください。

詳しく見る

診察料  初診5,500円(再診2,500円)

お 薬 代
バイアグラ 1,300円 (1錠)
シリアス 10mg 1,400円 (1錠)
シリアス 20mg 1,500円 (1錠)
レビトラ 10mg 1,400円 (1錠)
レビトラ 20mg 1,500円 (1錠)
シナデルフィル50mg
(バイアグラジェネリック)
900円 (1錠)

合計:診察料 + お薬代( 1錠値段 × 必要錠数 )

例:初診にてシアリス10mg 5錠希望
5,500+(1400×5)→12,500円

どのお薬が良いかわからない?

ED治療薬は、食事の影響や作用時間などに違いがあります。どのお薬が合うのか、あなたのライフスタイルや体調に応じて医師が処方致します。ご心配な点などお気軽に相談ください。
どのED治療薬にも併用禁忌薬(一緒に内服してはいけないお薬)がございます。診察時に現在服用中のお薬についてお尋ねしております。お薬を内服中の方は「お薬手帳」もしくは内服しているお薬がわかるものを持参ください。

男性更年期症候群(LOH)

男性更年期症候群(LOH)は、男性ホルモン(テストステロン)の部分的欠乏によって起こる症候群です。加齢男性性腺機能低下症候群(PADAM)とも呼ばれます。低テストステロン症候群で、インスリン感受性が悪くなりメタボリック症候群になりやすくなります。2型糖尿病患者に高頻度で見られ骨粗鬆症、心血管疾患、内臓脂肪の増加、耐糖能異常、高脂血症のリスクが増加、特に20代から40代でテストステロンが低い場合は、2型糖尿病、メタボリック症候群のリスクが増大します。

詳しく見る

こんな症状はありませんか?

  • 性欲や勃起能などが衰えた
  • 体がだるい、やる気がでない
  • ほてりやひどい発汗がある
  • 記憶力が落ちてきた

質問表 診断

「〇」が3つ以上あると更年期障害、男性ホルモン値低下、自律神経失調症などの可能性があります。

男性更年期障害〜質問票〜
1. 性欲の低下がありますか? ×
2. 勃起力は弱くなりましたか? ×
3. 体力あるいは持続力の低下がありますか? ×
4. 身長が低くなりましたか? ×
5. 「日々の愉しみ」が少なくなったと感じていますか? ×
6. もの悲しい気分/おこりっぽいですか? ×
7. 元気がなくなってきましたか? ×
8. 最近、運動する能力が低下したと感じていますか? ×
9.夕食後うたた寝をすることがありますか? ×
10. 最近仕事の能力が低下したと感じていますか? ×

診断と相談

まずは、ご来院ください。質問紙、身体所見を超音波検査、レントゲン検査などでチェックします。 採血項目は男性ホルモン、PSA(前立腺癌マーカー)、一般採血です。簡単に検査することができます。 また、ご来院に抵抗がある方は、通院せずに(顔を見られず)治療が受けれるオンライン診療(遠隔診療)も可能です。まずはご相談ください。

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)は、思春期以降に発症する進行性の脱毛症。AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなります。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となります。AGAは遺伝的な要素が大きく関わっており、男性ホルモンのジヒドロテストステロンの作用によって引き起こされ、男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持つ。 AGAは、前立腺癌と深く関連しています。

お 薬 代
プロペシア錠 9,600円 (28錠)
フィナステリド錠 6,500円 (28錠)
ザガーロカプセル 9,900円 (30CP)

※診察料(初診料・再診料)を含む料金です。

お問合せ

お問合せ時間

平日9:30-18:00/休診日 日・祝祭日/午後休診 土

PAGE TOP ▲