尿路結石

尿路結石とは

尿路結石とは?

尿の通り道である腎臓・尿管・膀胱・尿道を尿路と言います。 尿の中に含まれているカルシウムやシュウ酸などが結晶化しこの尿路で結石ができることを尿路結石といいます。 症状としては背中から腰にかけて激痛が走り、血尿を伴うことがあります。
再発が多く5年間で30〜40%と言われています。

尿路結石の症状

疝痛発作

背中から腰の辺りに激痛が走り、冷汗、吐き気を伴うことから、
胃腸の病気と勘違いされることもあります。
結石が尿管に詰まってしまうために尿が流れなくなり腎臓が
腫れてしまうことにより起こる痛みです。

血尿

血尿の程度は様々で、血の塊が出ることもあれば、肉眼ではわからないものもあります。

膀胱刺激症状

排尿の際の痛みや、尿が近くなったり、残尿感があるなど
膀胱の刺激症状が起こることがあります。

ページの先頭へ戻る

尿路結石の検査内容

検査内容について
  • 問診
  • レントゲン…石の位置を確認
  • 超音波検査…腎臓や膀胱の状態を確認
  • 検尿…腎機能の状態やがんの有無などを調べる
  • CT検査…レントゲンに写らない石を確認

必要に応じて造影検査を行うことがあります。

ページの先頭へ戻る

尿路結石の治療法

自然排石

結石が小さく(5ミリ程度まで)痛みもなく、
自然に排石する可能性がある場合は手術を行わず経過をみる場合があります。
ただし、腎臓の腫れが続く場合は手術を行う必要があります。

ホルミウムレーザー治療(内視鏡砕石術)

尿道から内視鏡を通し、強力なレーザーで直接結石を砕石します。
開腹する必要はありません。欧米では結石手術の9割は内視鏡手術です。

メリット

内視鏡砕石術

  • 従来の手術に比べ確実性が高い
  • 入院が短期間である(1泊2日)(短期滞在手術認定施設)
  • レーザーで手術できる施設は数が少なく、保険も適応される治療法である。
  • 体にメスを入れないので傷が残らない

尿路結石の手術について

ホルミウムレーザー(TUL)の治療方法

ホルミウムレーザー(TUL)の治療方法

治療

経尿道的尿管砕石術(TUL)
尿管鏡という細かい内視鏡を挿入し、尿管結石をレーザーにて破砕します。
体外衝撃波腎尿管結石破砕術
体外で発生させた衝撃波を集束させて、結石を砂状に破砕する治療法です。
  • 尿管内結石
    画像内視鏡①
    尿管内結石
  • レーザーにて結石を砕石
    画像内視鏡②
    レーザーにて結石を砕石
  • 鉗子にて結石を取出す
    画像内視鏡③
    鉗子にて結石を取出す

体外衝撃波腎尿管結石破砕術は侵襲が少なく安全性も高く長所もありますが、結石が確実に破砕される保証がなく、かつ、破砕された結石が疼痛や発熱などの症状を呈することもあります。
一方、経尿道的尿管砕石術(TUL)は直接見ながら砕石を行うので破砕効果を確認でき、また同時に破砕した結石を直接体外に取り出すことができます。レーザーの進歩により、結石治療の安全性と確実性が向上しました。

その他のよくある質問 次によく見られているページ

お電話でのお問い合わせ・ご予約

資料請求フォームへ

ページの先頭へ戻る

  • お電話でのお問い合わせ・ご予約092-852-2131
  • 5分でわかる前立腺肥大症
  • 患者様のお声
  • 前立腺肥大症編|気になるオシッコの話|小冊子プレゼント
  • 資料請求はこちら
  • メディア掲載
  • ドクターズガイドに掲載されています
  • 前立腺医療センターについて
  • 男性の悩み|勃起障害・男性更年期・パイプカット
  • 尿に関するよくあるお悩みと症状
  • よくあるご質問